医師紹介 当院の案内 通所リハ お悩みから探す 採用情報 交通事故治療 お問い合わせ 053-454-9497
閉じる

交通事故治療


いつ・どこで自分の身に起こるかわからないのが、交通事故です。
起こらないことが一番ですが、もしも、事故にあったら…??
万が一に備え交通事故後の対処法や診療の流れ、よくあるご質問を紹介します。
周りの困っている人にもぜひご紹介ください。

  • アイコン
  • 交通事故にあったら
1

警察へ連絡する
各種証明や請求に”交通事故証明書”が必要になります

矢印
2

相手の確認をする
住所、氏名、連絡先、車両ナンバー、勤務先、保険会社名、任意保険の有無などの把握が必要です。目撃者を確保し証人になってもらうことも有効です

矢印
3

自分で記録する
現場の写真を撮ったり、事故の経過などを記録しておきましょう

矢印
4

保険会社へ連絡する
保険会社に連絡し、事故の状況を説明しましょう

矢印
5

医師の診察をうける
交通事故後はできるだけ早めに受診しましょう。軽症とおもっていても、後から症状が悪化する場合があります

  • アイコン
  • 通院によって得られる補償の例

交通事故の治療では、被害者救済のために保険による補償が各種用意されています。
※ご加入の保険によって違いがあります。

  • 治療費交通事故後の治療費、被害者の場合原則負担0円
  • 慰謝料通院日数や期間に応じて支払われます
  • 交通費通院にかかる交通費
  • 休業損害仕事ができないことによる損害補償

その他

  • アイコン
  • 当院の治療方針

痛みの悪循環を
早期に防ぐことが大切!

交通事故後の治療では、痛みの悪循環が生じることで、痛みが慢性化することがあります。むち打ちなどは特に神経が集中している首の部分のケガですので、できるだけ早期から適切な診察やリハビリを受け、早期回復を図ることが大切です。

院長:高橋勇二
院長:高橋勇二

  • アイコン
  • 治療の流れ
1 問診
症状や服用薬などを確認します
問診
2 検査
適切な診察を行えるように、医師によるレントゲン検査や超音波検査を行います。
検査
3 診察
検査結果に沿いながら、患者さんのお話を丁寧に伺い、診察を行います。また。診断書など分かりにくい各種手続きなども丁寧にご説明いたします。
診察
4 リハビリ
医師の監督の下、事故後早い時期からリハビリテーションを受けることで、早期の改善を図っています。週3回程度の通院をおすすめしております。
リハビリ
  • アイコン
  • 整形外科と整骨院でできることの違い
整形外科 接骨院
レントゲン ×
急性疾患(骨折・捻挫など)
慢性疾患(腰痛、ひざ痛など) ×
薬の処方 ×
ブロック注射 ×
リハビリ 理学療法士による
リハビリ治療電気治療
柔道整復師などのマッサージと
電気治療
後遺障害診断書の作成 ×
  • アイコン
  • よくあるご質問

Q1

事故にあったらまず何をすればいいの?

警察、保険会社に連絡しましょう。治療の際、保険会社の担当者様より当院へ連絡いただくとスムーズに治療が可能です。

Q2

治療期間はどれくらい?

重症度、症状が異なりますので一概には言えませんが、「むちうち」に関しては6か月以内で治療を終える方が多いです。早期完治のためにも、事故後はできるだけ早く医療機関での治療開始が大切です。

Q3

今通院している医院から変えたい

自由に変更することが可能です。保険会社にその旨をお伝えください。

Q4

治療費はどれくらいかかりますか?

治療費は、ほとんどの場合、事故の相手が加入している保険でまかなわれます。この場合、当院から各保険会社に治療費の請求を行うので、患者さんの負担はありません。尚、患者さんの過失が大きい場合などは、患者さんとご相談し、なるべく負担の少ない対策等で対応いたします。