浜松市尾張町の整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科(スポーツ医学) 高橋須川整形外科

〒430-0949 静岡県浜松市中区尾張町125-19
TEL 053-454-9497

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

医師・スタッフの紹介


高橋勇二医師の紹介

<経歴>

1983年4月 新潟大学 医学部 卒業 同整形外科学教室入局
1983年6月~1994年3月 新潟大学整形外科関連病院勤務 
1994年4月 聖隷浜松病院 整形外科、手の外科・マイクロサージャリーセンター
2005年4月 聖隷浜松病院 運動器リハビリテーション科部長
2009年9月 浜松市リハビリテーション病院 リハビリテーション科部長
2011年4月 同 副院長
2016年4月 高橋須川整形外科院長
 

<その他活動>

1995年2月~ サッカーJリーグ・ジュビロ磐田チームドクター
2005年~2014年 同 チーフ・チームドクター
2009年~2017年 日本病院会教育委員会医師事務作業補助者コース小委員会委員
2010年~2012年 日本病院会教育委員会診療情報管理士専門小委員会委員

 

<所属学会・専門医など>
  • 新潟大学医学博士(末梢神経再生に関する研究)
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本リハビリテーション医学会専門医、認定臨床医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部臨床教授(2005年~)
  • 日本運動器科学会評議員
  • 日本診療情報管理学会評議員
  • 日本整形外科スポーツ医学会 会員
  • 日本臨床スポーツ医学会 会員
  • 静岡手の外科・マイクロサージャリー研究会 会員
<専門とする疾患など>

*スポーツ医学
成長期の傷害から、社会人、プロ、中高年の傷害まで
受傷直後から競技復帰までアドバイス。
サッカー、野球、バスケット、登山、ダイビングほか

*手の疾患
新潟大学、聖隷浜松病院整形外科時代は、手の外科専門医として多数の手術を執刀

*リハビリテーション医学
2005年リハビリテーション科専門医取得後、運動器リハビリテーションを主な仕事としてきた。

 

須川勲医師の紹介

<経歴>

1965年 東京医科歯科大学 医学部 卒業
1969年 東京医科歯科大学大学院(整形外科学) 卒業
1971年 関節疾患病院(ニューヨーク市)
1972年 コロンビア大学医学部(ニューヨーク市)
1973年 ルイビル大学(ケンタッキー州)にて手の外科の臨床研修
1974年 東京医科歯科大学 整形外科助手
1975年 国立横須賀病院 整形外科医長
1978年 聖隷浜松病院 整形外科部長
1993年 開業

 

<ご挨拶>

聖隷浜松病院での15年間、700本以上の再接着肢(指)を中心に肩から指までの手術を行い、手の外科中心の専門治療を担当しました。
ヤマハ野球部、カワイ体操部、スズキ陸上部の他、チームドクターとして20年間ホンダサッカー部と関わり、膝・足関節などのスポーツ障害の治療に専念してきました。
開業してから17年間、聖隷浜松病院で週1回の手術を継続しました。
数年来OSGフェニックスの外国人選手を中心に面倒を見てきましたが、平成20年より浜松・東三河フェニックッスとしてプロ化に伴いチームドクターとしてホームゲーム24試合を帯同することになりました。
最近は忙しいので、試合の帯同は肉体的にもしんどく中断しています

 

 

<専門とする疾患など>

■スポーツ医学
 成長期の障害から、社会人・プロの障害まで
 サッカー・野球・バスケット・モトクロス・ゴルフが多い
■手の外科
 開業してから17年間聖隷浜松病院で週1回手術を継続しました 「オペる開業医」
■難渋した腰痛・五十肩、変形性膝関節症、骨粗鬆症など

 

<所属学会・認定医など>
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日整会スポーツ医学会 幹事
  • 日本手の外科学会 元評議員
  • 運動器リハビリテーション学会 会員
  • 東海スポーツ障害研究会 世話人
  • 静岡県手の外科・マイクロサージェリー研究会 世話人
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 浜北医療専門学校 アスレチックトレーナー科 講師

 

スタッフ紹介

スタッフ
医師:2名
看護師:3名 (うち2名非常勤)
事務職員:3名
理学療法士:4名(理学療法担当)
鍼灸・マッサージ師:4名 (物理療法を担当)
介護リハ送迎運転士:3名(非常勤)